暮らす西成~大阪市西成区あいりん地区に潜伏する

住所不定無職。大阪市西成区のあいりん地区で働きながら生きていこうと思います。アンダーカバーか、ミイラ取りがミイラになるか。

西成で暮らす。45日目 「電波系の真剣さ」

2021年4月17日。   

予報通り、雨が降っている。
今日の大阪地方は、かなり強く降る時間帯もあるようだ。

ウーバーイーツの稼ぎ時。
今日もズブ濡れで行こう。
ズブ濡れか、泥まみれか。
毎日そんな状態になってこそ、ゼニコを手に出来る。


パンパンに詰めたバックパックを背負って宿を出る。
今日も、清掃のお姐さんと出くわす。

「お世話になりました。ありがとうございました」

「ああ、今日チェクアウト?ご苦労様」

「ええ、また来ます」

「そうね、また来てね。元気でいてね。また来たら声かけてね」

「そうします。お元気で」

こうやって、宿を出奔する人々を何人も送り出して来たんだろう。
お姐さんの笑顔に癒された労働者も少なくないはずだ。
また、戻って来ます。

雨とコロナ

駅へ向かう途上、少しあいりん地区を歩く。

f:id:stolenthesun:20210420210909j:plain

f:id:stolenthesun:20210420211356j:plain 所在無げに建物の庇に身を寄せ、雨露をしのぐ人の姿を多く見かける。

今日も現金仕事は少なかったのかも知れない。

街には落書きや貼り紙がたくさんある。
なかでも、コロナに負けるな!的なメッセージを込めた小さな短冊状の貼り紙が多くある。
同じ人物が作り、貼っていると思われる。

f:id:stolenthesun:20210420211309j:plain

 

東京で映画の下っ端をしている頃。
中野ブロードウェイの深夜清掃をしていた。
館内のあちこちに政治的なメッセージを書いた紙キレをばら撒いている人物がおり、ある時その人物を現行犯で捉えようと探し、まさにその姿に直面した。
のだが、くだんの彼は恐ろしく血走った眼で右手にむんずと掴んだ紙片をリズミカルに左手に移し、犬がマーキングをするように一定間隔で紙キレを丁寧に置いていた。

ばら撒かれたような状態になるのは、彼の所業ののちに起こっており、彼自身は任意の場所に自らの政治的主張を設置していた。

「すみません。清掃の者ですが、申し訳ないですが館内に置かないでくれますか」

彼は、こちらの方が驚いてしまうほど身体をビクつかせ、

「ごめんなさい!ごめんなさい!分かって欲しかったんです。分かって欲しいから」

と繰り返し、今置いたばかりの紙片を持ち、去って行った。

「電波系」と言ってしまえばその範疇なのだろうが、僕には彼の真摯な眼差しだけが心に残っている。
その後、館内からは紙キレは消えたが、中野の街中に貼り付けられているのを見かけるようになった。
もう一度、あの真剣な姿を見かけたいとも、もう見たくないとも思った。
ネットの世界で振り撒くメッセージよりも、随分禍々しく一期一会のたくましさも、街中の貼り紙にはある。

この貼り紙を貼っている人の眼差しもきっと真剣そのものに違いない。


コロナの影響で、有名ホルモン店「やまき」も休業中。

f:id:stolenthesun:20210420212835j:plain

今日の本降りに近い雨脚も手伝って、西成の街は眠っているように見えた。

f:id:stolenthesun:20210420212939j:plain

天満に着く、雨は強く降り続いている。

土曜の雨稼働

天満橋駅に隣接するOMMビルの地下街のドトールで朝食。

f:id:stolenthesun:20210420213647j:plain

だから、こういうモーニングは西成で食ってレポートしろよ!
本当にそうよね。

10時半〜14時半まで、最も雨がひどかった時間帯に11件の配達をし、濡れた衣類をトランクルームの入ったトイレで着替える。
この瞬間が、家なき子の悲しさを覚える時間。
家なきオサーンだが。母ちゃん!俺頑張ってるよ!
狭いトイレの個室でフルチンだよ。

 

冷え切った身体を温めるために昼食をとる。

f:id:stolenthesun:20210420214609j:plain

だからこういうランチを西成でして、レポートしたら?
まったく、そうよね。

 

ランクルームからハードカバーを一冊持って来て読書。
書物の重たさに辟易して、西成の荷物からは本を外している。
勉強意欲の無さが、こんなところにも表れている。

休憩時間に、取得していたDMMブックスの半額クーポンを利用し電子書籍を大量購入。
これも置き場所に困らなかった会社員時代には踏み出さなかった行為。
ちまちま読んでいこう。
何を買ったかって?
なんでそんな個人的なこと明かさなきゃならないんですか?
ってキレてみたりして、普段踏み出さないコミックス系を買ってみました。
もう、老眼なのでね。ローガンズに優しいコミックスで。

漫画に関しては、まったくアップデートしていないので、この歳から退行して行こうと思います。

 

17時を過ぎて、ようやく晴れ間が見えたのでウーバーイーツを再開。

f:id:stolenthesun:20210420215421j:plain

その後も、通り雨は断続したが結局、日付をまたいで0時半まで稼働。

f:id:stolenthesun:20210420223333j:plain

28件の配達で、¥17,902也。

f:id:stolenthesun:20210420215825j:plain

職質の嵐

夜中まで、ガタピシの中古自転車を必死こいで漕いでいると、警ら中の制服から

「ちょっといいですかー。自転車の照会させてもらっていいですかー」

職務質問を受けることが多くなった。 

 

大学から30代あたりまで、東京ではしょっちゅう職質を受けることがあった。

やがて、一丁前の身なりをして、髪に白髪が目立つようになって職質からは遠ざかった。

ところが、今の生活をし出すと、途端にその機会が増えてきた。
職質要員に僕の身なりがなっているからだろう。

結局、見た目で判断して犯罪者および犯罪者予備軍とみなすお巡りさんの慧眼には恐れ入る。
「今、配達中なんですけど」
と申し述べても、
「すぐ終わりますからー」
とお構い無し。

 

なので最近は職質は全て断ることにしている。
今日も、最後の配達中に警官に声をかけられた。

「ごめんなさい。自転車見せてもらっていいですかー」

「イヤです。今、仕事中なので」

「すぐ終わりますから。一瞬ですよー」

「一瞬?すぐ終わらないことわかってるんで、お断りします」

「そんなこと言わずにー。お名前教えてください」

「まずは、あなたが名乗ってくれますか?もう行きます」

「いやいや、お願いしますよー」

ここで、警官に触れてしまって公務執行妨害にでも問われたら、ややこしくなる。

「任意ですよね。名無しのお巡りさん。お断りしますね、さようなら」

「もちろん任意ですよー。皆さんの善意をお願いしてるだけですから」

踵を返して、警官から遠ざかり回り道して、さようなら!

人は見た目が8割、どころか優秀なお巡りさんからしたら、見た目が10割なんだろう。
ご苦労様です。

きっと、僕が自転車を漕いでいる姿は、かつて中野ブロードウェイで対面した貼り紙の彼のような異様さがあったのだろう。

とにかく、もう二度と近付かないでくださいね。
この生活に疲れて、犯罪犯したらお世話になりますから。

 

「快活CLUB」に午前2時近くにイン。
お菓子食って、ソフトクリーム食って、程なく眠りについた。

 

 

使った金額

交通費:230円
駐輪場代:150円
DMMブックス:3386円
ドトール・モーニングセット:398円
珈琲館・ミックスサンド+ブレンド+おかわり:1100円
お惣菜・カニクリームコロッケ:160円
焼きたてパン・ミンチカツ:194円
ランチパック・メンチカツ:149円
ミルクチェロッキ:151円
梅しそチーズチキン:134円
ハッシュドポテト:86円
セブンティーンアイス・チョコミント:150円
ナビスコエアリアル濃厚チーズ:106円
ナビスコエアリアル塩:106円
ベビーチーズ・プレーン:106円
ベビーチーズ・アーモンド:106円
クラフトラテ:162円

所持金

21,063円