暮らす西成~大阪市西成区あいりん地区に潜伏する

住所不定無職。大阪市西成区のあいりん地区で働きながら生きていこうと思います。アンダーカバーか、ミイラ取りがミイラになるか。

今週のナンバーズ4報告

3/1

購入番号「2401」

f:id:stolenthesun:20210305222138j:plain

当選番号「5378」

f:id:stolenthesun:20210305222222j:plain

 

3/2

購入番号「2402」

f:id:stolenthesun:20210305222318j:plain

当選番号「8117」

f:id:stolenthesun:20210305222709j:plain

 

3/3

購入番号「2403」

f:id:stolenthesun:20210305222806j:plain

当選番号「2658」

f:id:stolenthesun:20210305222843j:plain

 

3/4

不買。

当選番号「3364」

f:id:stolenthesun:20210305224446j:plain

 

3/5

購入番号「2405」

f:id:stolenthesun:20210305223011j:plain

当選番号「4525」

f:id:stolenthesun:20210305223058j:plain

 

まとめ

3/4は宝くじ売り場に行けず買うことができなかった。
買えなかった日に、買うはずだった番号が見事当選でもしていた日にゃあ、怒り狂って走り回るんだろうが、そんなことにはならなかった。
実際の売り場に行けなかったとしても、それも運のウチ。

ただ、3/5分ですけど数字が三つまでは合ってる!
「ボックス」当選ニアピンです。
惜しい!と言っていいんでしょうか?

 

ナンバーズは平日のみ発売され、毎日抽選。
こうやって並べてみて、攻略法とか探ろうかしら?と刹那考えたりしてみたが、そんなモノあるんですか?あります?

全く同一の数字を買い続けるならば、結果との向き合い方も固まってくるのかも知れないが、僕の買い方は、毎日下二桁が積算されていくので、ある地点から舞い戻って、「この数字、あの日買っとったヤツやんけ!」ということが起こるかも。
そうなったら、怒り狂って走り回る。

しかし、ナンバーズ4に毎日400円使うと250日で100万円に達してしまう。
西成生活、250日目で仮に100万当たっても、トントンということになる。←計算鈍でした。10万か!

やっぱり、今のところ宝くじの楽しさがよくわからない。
今後も己の運の行方を確かめていきたい。

西成で暮らす。3日目 「デブのトラウマ」

2021年3月3日。

スマホのアラームをセットして、早朝4時には目を覚ましたのだが、身体を起こすことができない。ダルみと倦怠感のようなものが全身を覆っている。薄い扉の向こうからは、先輩たちが仕事に出かける準備をする音が聞こえる。

単純に考えれば、

「メシ食ってねーからだ」

日曜からこっち、今日水曜まで「西成水」しか口にしていない。
ただ、腹が減っているという感覚はない。
数年前、熱中症にかかったことがあるのだが、その時も突然に汗が引き、異常な寒気が襲ってきた。35℃はあろうかという酷暑の中でだ。

己の体感とは別次元で体調は良からぬ方向に進んでいくのだろう。

あるいは、そんなことはタダの言い訳でしかなく、「働きたくない」という僕のダメさが露出しただけなのかも知れない。

そのまま、布団に潜り込んで10時頃、ようやくモゾモゾと起き出す。

f:id:stolenthesun:20210305203857j:plain

西成ダイエット

西成に通うようになった昨年から、この地に来るとなんとも食欲を感じられなくなっていた。
その生理的な勢いを借りて、

「痩せるチャンスかも」

と思った。

 

出生時に4100gで生まれ落ち、生涯デブ街道まっしぐらで突き進んできた。

高校を中退し、翌年別の学校へ再入学した折には「高校デビュー」を目論んで、30kg近い減量に成功したこともある。「痩せたら、モテる」という今思えばまったく確証ゼロの思想に基づいて痩せてみたのだが、入学後、たまさか幸運にもステキな彼女と出逢い、その女子が「別に、私太っててもいいよ!」と宣言。「本当すか?また、太ってもいいんですか?」と、あっという間にリバウンドした。

46年の生涯のうち、痩せていた時期はこの1年足らず。
それ以外は、丸々とした肉を蓄えてきた。

ゆうに100キロを超える贅肉の塊として生きてきたのに、これまで決定的な疾病に罹患していないのが奇跡的である。まぐれ。

これから、何十年も生きていたいとは思わないが、少なくとも母親より先に死ぬわけにはいかない。そう思いながらも、デスクワークと外食三昧、間食し放題で過ごしてきた僕にとっては、西成で肉体を酷使して働くことは絶好のダイエットチャンス。
なら、早く働けよ。

 

そこで、設けたルールが

・働かない日は食べない

いつまで、続けられるかなぁ。
とにかく、早く働け!

ジョナ・ヒルの言葉

もう少し、昔話とデブが抱えるコンプレックスについて書きます。すみません。

子どもの頃および青春時代には、みんなでプールや海に出かけてキャッキャするという眩く輝く夏の思い出というものが、世の中にはあるんですよね?

僕には、ありません。

それは、人前に裸を晒すのがイヤだったから。
醜く垂れたおっぱいや、動くたびに揺れる腹の肉。それは、絶対に見られたくないモノ。
ゆえに、水着着てプールサイドやビーチで裸を見られることには耐えられなかった。

 

太っちょ俳優として知られるジョナ・ヒルが、ダブロイド紙「デイリーメール」で、その裸を揶揄されたことに対して自身のInstagramにコメントを寄せていました。Twitterで見かけたのでご紹介します。 

www.dailymail.co.uk

 

https://www.instagram.com/p/CLx6aMiFB-B/

認証済み

I don’t think I ever took my shirt off in a pool until I was in my mid 30s even in front of family and friends. Probably would have happened sooner if my childhood insecurities weren’t exacerbated by years of public mockery about my body by press and interviewers. So the idea that the media tries to play me by stalking me while surfing and printing photos like this and it can’t phase me anymore is dope. I’m 37 and finally love and accept myself. This isn’t a “good for me” post . And it’s definitely not a “feel bad for me post”. It’s for the the kids who don’t take their shirt off at the pool. Have fun. You’re wonderful and awesome and perfect. All my love.

Oh and Daily Mail, not even you can take that smile from my face ;)

 曰く、自動翻訳ですが、

家族や友達の前でさえ、30代半ばになるまで、プールでシャツを脱いだことはないと思います。私の子供の頃の不安が、マスコミやインタビュアーによる私の体についての何年にもわたる公の嘲笑によって悪化していなければ、おそらくもっと早く起こったでしょう。ですから、このような写真をサーフィンしたり印刷したりしているときにメディアが私をストーカーで再生しようとし、それがもう私をフェーズできないという考えはドープです。私は37歳で、ついに自分を愛し、受け入れます。これは「私にとって良い」投稿ではありません。そして、それは間違いなく「私が投稿するのに気分が悪い」というわけではありません。プールでシャツを脱がない子供向けです。楽しむ。あなたは素晴らしく、素晴らしく、完璧です。すべての私の愛。

ああ、デイリーメール、あなたも私の顔からその笑顔を取ることはできません;)

 

太っている子どもたちに向けて「君たちは素晴らしい。その身体を隠すことはない。私が自分の身体を愛するには37年かかったけれど、君たちにはそんな時間は必要ないんだ」って。

 

ステキだ!ジョナ・ヒル
僕は46になっても、自分を愛し受容できていない愚図だ。
でも、子ども時代の僕にも聞かせてあげたい言葉だ。きっと、とても勇気をもらえただろう。

開始時の体重

だから、どんどん太っていくべ!

という訳にはいかないので、この西成暮らしで痩せていきたい。
身長は169cmなので、60キロくらいになれば理想だけれど、問題は現在の体重。

定期的に体重を計測するという習慣がなく、時たま銭湯に行った時などに体重計に乗る程度。しかし、昨年の9月頃に前の会社の健康診断を受けた際には確か97キロほど。
太ってんな。
マイナス40キロか。あり得んな。

 

記述が先走ってしまい恐縮だが、このブログは西成の別宿で書いており、その風呂場には体重計があったので乗ってみました。

f:id:stolenthesun:20210305212413j:plain

87kgしかないじゃなーい!

この半年ほどで、10キロ減ったのか?
この数日で数キロ減ったのかもしれない。

というか、この体重計正しいのだろうか。ここに西成クオリティが導入されている可能性もなくはない。

 

目標体重60キロでやっていきますね。

ただ、絶食系のダイエットは筋肉量も落ちるので効果的ではないらしいですね。
また、栄養が頭髪にまで回らず、毛髪が細くなりハゲあがるという話も聞く。でも、もういい。もうあの頃のように「痩せて、モテたい」という欲望はないです。
「生きて、行きたい」。

「もう、昔みたいに仕事はないよ」

身体のダルさは抜け切らなかったが、いつも通りナンバーズ4を買いに出て、ついでに激安スーパーの横綱スーパー玉出」とは違う、「越前屋」というスーパーにも寄ってみた。
何も買えない訳だけど。

f:id:stolenthesun:20210305213756j:plainf:id:stolenthesun:20210305213837j:plainf:id:stolenthesun:20210305213847j:plain

「生鮮まつり」
というポップの括りで「菓子パン」が置かれていることに、何かしらのネジれを感じるが、確かに安い。客もひっきりなしに出入りしている。玉出よりもいいかも知れない!

f:id:stolenthesun:20210305214146j:plain

f:id:stolenthesun:20210305214157j:plain

f:id:stolenthesun:20210305214207j:plain

「油かす」や「さいぼし」が置かれているのが新鮮。食いてぇ。

よく腹減り時にスーパーに行ってはいけない、余分に買ってしまうから、というが僕はハナからナンバーズ代の400円しか持ってきていない。

f:id:stolenthesun:20210305214551j:plain

宿に戻り、翌朝こそは仕事に行くぞ!

という決意を固めながら、カギを返却し保証金の1,000円を返しもらう。
その際に、受付のオヤジさんから、少し情報収集。

「明日、4時頃出て、日雇い仕事行こうと思うんですけど。今、どんな感じなんですかね?」

平日に仕事を探すのは、明日が初めてになる。

「んん?どうやろ。最近は少ないみたいやねぇ。昔は3時頃からみんな並んどったけどね」

「そうなんですか?無いこともある?」

「そんな風に聞くけどねぇ。働くの?他にも仕事あるでしょうに」

「ちょっと西成でやってみようと思うんですけどね」

「まあ、頑張って。おやすみ」

 

「ビジネスホテル スバル」は手配師が居並ぶ通りに面した宿。
そのオヤジさんの言葉には信憑性があるようにも思えた。

砂糖は麻薬

シャワーを済ませ、落語を聞いて、洗濯をし、荷物を整え22時には床に就いた。
ところが、深夜2時頃になって目が覚めた。なにゆえか。

腹が減って寝られない。

この時間になって、猛烈な空腹が襲ってきた。
僕の絶食限界は三日半であった。

勢い余って、24時間激安超特急の「スーパー玉出」に飛び込もうと考えたが、そこでふと思いついた。スマホに入れているコカ・コーラ社の「coke on」というアプリで貯めたポイントで、一本ドリンクが貰えたはず!

宿の一階にある自販機ゾーンに行き、

f:id:stolenthesun:20210305220148j:plain

f:id:stolenthesun:20210305220153j:plain

カフェオレをゲット。

部屋に戻って一口飲む。
美味すぎる!
甘いは正義!甘さは麻薬!砂糖の美味さは異常!
そんなことを確認した。

 

もう寝過ごす訳にはいかないので、4時過ぎまで待ち、仕事を探しに外へ。
いい宿でした。「ビジネスホテル スバル」ありがとう。

f:id:stolenthesun:20210305220604j:plainf:id:stolenthesun:20210305220630j:plain

果たして、西成暮らしでの初労働は叶ったのか?
また、どっかの宿でダラダラ寝ているのか?

次回の更新をお待ちください。

f:id:stolenthesun:20210305220847j:plain

 

 

西成に落とした金額
ナンバーズ4:400円
コインランドリー(洗濯):200円

食費
なし

所持金

4,113円

西成で暮らす。2日目 「洗濯物を干す」

2021年3月2日。

雨です。
西成は雨。

f:id:stolenthesun:20210303214922j:plain

それは地球に住んでいる、僕らは宇宙船地球号の乗組員なのだから、天候は毎日変わります。

「いい天気」
がどのような空模様を指すのかは、主体によって変わる。農家の方にとっては恵みの雨が降った日が「いい天気」なのかも知れません。

しかし、西成日雇い労働に際しては、キビしい。濡れねずみで土左衛門
もちろん、この暮らしを始めるにあたって、雨の日稼働を想定し準備はしています。
ただ、労働初日に雨はキツい。なぁ。

という訳で、今日も宿待機にします!
ヌルい。もう、手持ち5,000円しかないのに。

でも、5,000円も持っている。
と考えてみたらどうですか。大枚。
本当に愚図。すみません。

洗濯する

人は生きるだけで、息をするだけで、汗をかくだけで、あらゆる物を汚していく存在。

西成暮らしを始めるにあたって、おおよそ三日分の着替えと、現場作業用の上下を用意した。
洗濯機を個人所有できない生活においては、「コインランドリー」を利用することになる。
実際、あいりん地区にもコインランドリーが山ほどあります。そこで、洗濯→乾燥という手順を踏めば、太陽の香りに包まれたような乾ききった衣類が、この手に戻ってくる。

この金額も生活する上では考慮せねばならない。
毎日、洗濯→乾燥を繰り返していたら、洗濯破産です。切迫流産です。

この生活必ず付きまとう「洗濯」とどう付き合っていくか?は、この先の大きな課題。

 

連泊している「ビジネスホテル スバル」には各階にコインランドリーが設置。

f:id:stolenthesun:20210303221209j:plain

こちらは200円4.5キロ相当の汚れ物を洗えるようです。

所持品を減らすために、100均で買った粉末洗剤を使う。酵素パワー。
本当は液体派なのですが、あんなもん持ち歩けない。

f:id:stolenthesun:20210303221912j:plain

裏面の注意書きをよく読むと、

f:id:stolenthesun:20210303222048j:plain

水で使用するのは、よろしくないよう。
そんなこといまさら言われても困るので、放出される洗濯水で溶かしながら目分量を投入。
東京にいる頃、クリーニング屋でバイトしていたことがあるのですが、基本洗濯は水だけでも相応の効果があるそう。むしろ、洗剤を多く投入することによる「洗剤残り」が衣類を消耗させると聞きました。

まぁ、でも3ポーズを着倒し、洗濯していく生活では、洗濯テクニック以前に衣類は目に見えて消耗していくことでしょう。南無。

宿のシャワーを浴びている間に、30分ほどして洗濯完了。
洗濯機には「21時以降はうるさいので、使用禁止」との貼り紙。

ここで乾燥機まで使用するのは贅沢に過ぎるので、居室内になんとか干していく。

干す

洗濯物を干すなら「ベランダ」。
しかし、そんなもの使えません。「ビジネスホテル スバル」の屋上には、洗濯物干しスペースがあることは昨日確認したのですが、ポッと出の一見が使っていいものではないでしょう。しかも、「もし盗まれたら…」という懸念も拭いきれない。

f:id:stolenthesun:20210303224048j:plain

 

ここで、用意した洗濯ロープの登場です!赤コーナーから堂々の入場。
ピンチが数個付いていて、ロープ自体がゴム製のため壁のフックなどに引っかけやすい、はず。

f:id:stolenthesun:20210303224408j:plain

ただ…これ一度マンションで試してみたら、洗濯物の重さでロープ自体がたわんでしまう。

f:id:stolenthesun:20210303224545j:plain

なので、ゴムを可能な限り引っ張って、弾性を失わせた上で使用せねばならない。
こうですね。

f:id:stolenthesun:20210303224808j:plain

今までの安宿探訪ではまったく意識してこなかったのですが、壁の両側にフックがなければ、洗濯ロープを渡せない。三畳の横幅を目一杯使って、一刻も早い乾燥を促すためには、壁の両サイドにフックが必須。

f:id:stolenthesun:20210303225039j:plain

人生で初めて「フック」のありがたみに気付いた。
ハンガーとフックは絶対に宿には必要です。

 

そして、思ったのですがゴム製の洗濯ロープってどうなんだろう?

この程度の量だから、まだ均衡を保てていますが洗濯物が増えたら、たわみまくって沈没する。

そこで、近くのダイソーまで出かけてナイロン製の洗濯ロープを物色してみることに。

f:id:stolenthesun:20210303225551j:plain

ゴムVSナイロン

これも知らなかったのですが、近頃のナイロン製の洗濯ロープって、ただのロープではないんですね!

メインロープの間に梯子状に細いロープが繋がっていて、その隙間にハンガーをかけられる。
また、この隙間を壁のフックに引っ掛ければ強固にロープ自体が固定される。

スゴいよ!

f:id:stolenthesun:20210303230013j:plain

f:id:stolenthesun:20210303230314j:plain

f:id:stolenthesun:20210303230020j:plain

ナイロン製の、ユーティリティ洗濯ロープがチャンピオン。

だから、訂正します。
さっきゴム製の洗濯ロープが赤コーナーって書きましたけど、もといチャンピオンコーナーである赤コーナーから満を持して入場したのはナイロン製洗濯ロープ。
ゴム製は、青コーナーになります。

もう、ゴム製の方は捨ててもいい気がしますが、金属製のピンチが何かに使えるかも知れないので、一応取っておく。

『生きのばし』Theピーズ

僕にとっての座右のバンド、Theピーズの曲に『生きのばし』というのがある。

人生の諦念と、そのなかに仄かに湧き上がるちっぽけな僥倖を表現させたら、比類なきバンド。その歌詞に、こういうのがあります。 

死にたくなる朝といる

乾け センタクもん で また明日

どこまでもぬるい景色

今にみろで過ぎていく           

 

作詞作曲・大木温之

生きてるだけで、毎日洗濯物は増えていく。
洗って、干して、また生きていく。

明日は食べたい

という訳で、僕は何を書いているんでしょうか?

ブログを書いていたら、もう遅い時間。
日曜日の午後から何も口にしていないので(西成水以外は)、二日半絶食状態ですが、不思議なことに特に空腹は感じない。
ある程度、気が張っているからか。

明日こそ、働く。
おやすみなさい。


 

西成に落とした金額
アメリカンスピリット・メンソール9mm:400円
ナンバーズ4:400円
洗濯ロープ:110円
コインランドリー(洗濯):200円

食費

なし

所持金

4,713円

西成で暮らす。初日 「宝くじを買う」

2021年3月1日。

 へーこら自転車を漕ぎながら、少し軽くなったバックパックを担いで西成に帰還。

大した重量ではないのだろうが、幾分肩にかかる負荷が減った。このあたりは、感覚が敏感になっている。

UL ウルトラライトハイキングという概念がアウトドア周りでは尊ばれるというが、「1gでも荷物を減らして、軽くする」ことは、実効性として、身体への負担を和らげると同時に、「このギアなら、こんな用途にも使える」といった、道具を使い倒す・道具のポテンシャルを引き上げる思想でもある。
今のところ僕が思いつくのは、

「ヘルメットは洗面器にもなるかも知れない!」

くらいだが。

f:id:stolenthesun:20210303194725j:plain

アーリーチェックイン

これまでの「安宿探訪」は、昼間会社に勤めながら19時前後に西成に赴いて受付を済ますパターンであった訳だが、風の噂およびネット情報によれば、午前中に投宿できるホテルも西成にはあるようだ。

「とりあえず、この荷物を床に置きたい!」

その床が、たとえ南京虫が蠢く地獄の釜だとしても。なんやかんや言って、重たい。
いくつか目ぼしい宿を巡る。一度泊まった宿では意味がないので、お初を求めて。
しかし、意外と館内に人がいない。受付にシャッターが降りている。
30分ほどウロつく。ショルダーストラップがキュッキュキュッ音を立てる。
もう歩きたくないなぁ。腹減ったー。

ホテルの玄関を掃除をされている方が目に入る。
おお、ここはもう開いてんのか!

f:id:stolenthesun:20210303200243j:plain

「ビジネスホテル スバル」


「もう入れますか?」

「 はい、大丈夫ですよー」

「お願いします!」

良かった!えがった。ここまで、よく頑張った俺。
受付のお母さんに紙を渡され、住所や氏名を記入。
この辺、ちゃんとしてる。
ただ、そのペライチが、一枚に4名が記入する形式になっており、僕の前の記入者の個人情報がダダ漏れであった。

ここで一計を案じる。
当初は、

「毎日働き、毎日宿を変える」

と想定していたのだが、ここは同じ宿に数日間滞在した方が…。
体力的な負担や煩わしさは格段に減じるだろう、けれど

「もし、この宿がハズレだったら…」

隣人が叫びまわり、トイレが逆噴射して、布団が異常な悪臭にまみれ、天井と壁が徐々に迫ってきてペシャンコにされるような部屋だったら、取り返しがつかない。
そんな悪夢を思い描いたのだが、もう体力ゼロなので、

「3泊したいんですけど、イケますか?」

「大丈夫ですよー」

「1300円の部屋もありますか?」

「はい」

いくつか質問を重ねると、エアコンやコインランドリー、自販機や風呂とシャワーも完備していることがわかった。
OK行きましょうー。

3泊分の宿代と、カギの保証金¥1,000で、¥4,900也。

f:id:stolenthesun:20210303202532j:plain

結果、とてもとてもいい宿だった「ビジネスホテル スバル」については、別記事で詳しく。

宝くじを買う

部屋に入って、また昼寝をかます
この数日の西成生活のスタート準備は、確実に46歳の身体を傷めつけていたのかも知れない。

 

西成の暮らし。
でのルールはいくつか決めていて、そのひとつが、

・ナンバーズを毎日買う

こと。

これまでの人生で、ギャンブルや宝くじといった「運頼み」に近寄らなかったのには理由がある。
ビートたけし「運の総量は決まっている。無駄に運を使ってはいけない」

という言葉を信じているからだ、笑芸人に「運」の力を重んじる人は多い。萩本欽一柳葉敏郎をオーディションで選んだ経緯が、面接会場から全員を帰したあと自宅に電話をかけ、最初に繋がったのが柳葉だったというエピソードは「運次第」をあらわす有名な話だ。

西成暮らしを始める段階で、もうほとんど僕の人生は「運任せ」になってきている。ので、この歳になって、「無駄な運」とかないです。「運頼み」上等。

夕方近くなって宿を出て、

「花園宝くじチャンスセンター」

に向かう。

f:id:stolenthesun:20210303205133j:plain

一応、「西成」にひっかけた数字を買いたい。
「西」は「24」でいいでしょう?「成」んとこ、どうします?

あんまり悩んでもしょうがないので、「西」と西成暮らしの日数をかけて、初日の今日は、ナンバーズ4

「2401」

でいきます!
この調子で、毎日買ってきます。明日は、「2402」。これが100日を越えて、3桁になってくると…。どうしましょうねぇ。その時、考えます!

初めて買うので、勝手がわからなかったのですが、チャンスセンターの方に丁寧に教えてもらいました。ありがとうございました!

チェックシートに4桁の数字をマーク。その横の「ストレート」「ボックス」「セット」のいずれかをマークすることで一口200円。
「ストレート」は数字も並びも同一で当選、「ボックス」は並びは問われず4つの数字が合えば当選、「セット」は半口の100円を「ストレート」と「ボックス」に充当させ、当選したら金額の半分が当たるようです。
せっかくなので、「ストレート」と「ボックス」の二口買っていきましょう。何が、せっかくなのかは不明ですが。

過去の当選金額を見ると、「ストレート」なら100万くらいみたいです。
100万あったら、1300円の西成安宿に2年以上逗留出来ます!やったーー。
といった意識の低い話はやめまして。

f:id:stolenthesun:20210303211834j:plain

 これが、毎日抽選の様子を生中継してるんですね。
これは射幸心煽られる。なんせナンバーズ4だけで、3億近い売り上げがあるようですので、結局は胴元が儲かる仕組みなんでしょうが。システムに従属しながら、運を試すのが生涯というものではないのでしょうか。

f:id:stolenthesun:20210303212350j:plain

結果、

この日の当選番号は

「5378」

f:id:stolenthesun:20210303212647j:plain

ところが、ナンバーズ3の方は、

「246」

f:id:stolenthesun:20210303212702j:plain

これが、もし西成暮らし6日目だったら、当選ですよ!
こうやって、人はギャンブルにハマっていくのですか?そうですか。

西成水でやり過ごす

そして、今日は働いていないので食事抜き。
宿の水で我慢します。

おやすみなさい。

f:id:stolenthesun:20210303213019j:plain

 

西成に落とした金額

宿代:3900円(3泊分)
アメリカンスピリット・メンソール9mm:400円
ナンバーズ4:400円

食費

なし

所持金

5,823円

西成で暮らす。前日

2021年2月28日。

住んでいたマンションを引き払った。
がらんどうの一室で、管理会社の方を待ちカギを渡して退去。

f:id:stolenthesun:20210302171600j:plain

壁の汚れなどあって心配していたのだが、やってきた管理会社のお兄さんによれば、「キレイに使っていただいてありがとうございます!」とのこと。

昨日、徹夜で必死こいて清掃したかいがあった。
借主負担となる部分は無いようで、来月に管理会社手続きとなっていた水道代が落ちるだけらしい。敷金を預けていない物件だったので、過大な請求を心配していたが杞憂に終わった。

数日前には、こんな惨状だったのだが。やれば出来る。

f:id:stolenthesun:20210302172209j:plain

この1週間で、物件備え付けの冷蔵庫の霜を取り、

f:id:stolenthesun:20210302172400j:plain

f:id:stolenthesun:20210302172410j:plain

洗濯機を大阪の会社の元同僚に送り、

f:id:stolenthesun:20210302172500j:plain

友人から貰ったテレビを不用品業者に渡し、

f:id:stolenthesun:20210302172756j:plain

f:id:stolenthesun:20210302172618j:plain

クローゼットも棚も空にして、粗大ゴミで出した(¥2,700也)。

f:id:stolenthesun:20210302173049j:plain

f:id:stolenthesun:20210302173059j:plain

西成での生活は、バックパック一丁で始める必要がある。

ある程度のモノは捨て、売ったのだが、トランクルームの一畳タイプを借りた。
すべて捨てて、イチから始める!という気概に欠けている。情けない話だが。

衣類や靴など、まだ使えるものをトランクルームに保管しておき、補充していきながら、モノを使い果たしていきたい。モノも身体も使い果たして行く、そんな生活。

f:id:stolenthesun:20210302173657j:plain

このトランクルームの賃料が毎月ほぼ、¥10,000かかってくる。乗っていたママチャリもぶちこみたかったのだが、雑居ビルの5階にあるトランクルームのエレベーターに自転車が載らなかった。一畳も要らなかったな。

黒×白&グレー×白ボーダーの大陸袋は100均で買えて、役立ちます。
映画『ジョーカー』でホアキン・フェニックスも持っていたので、万国共通、貧者の収納バッグなのだと思った。

ここにある家財道具がまた復活使用される日が果たしていつ来るのか。
それは、誰も、僕も、知らない。知らぬが花。

フルーチェは生クリームで作ると…

突然だけど、フルーチェって美味しいです!
ここ数日は毎日フルーチェを食っていた。
ミルクボーイの言う通り、コーンフレークとミロとフルーチェはみんなの憧れ。どれも牛乳との相性が良い。と言うことは、結局みんな牛乳が好きなんじゃないのか。

数年ぶりに食べるフルーチェに舌鼓を打ちまくっていたら、
「生クリームで作る“禁断のフルーチェ”」

housefoods.jp

に出合ってしまい、さらにフルーチェ消費に拍車がかかった。
フルーチェの持つ駄菓子的なキッチュな安っぽさが失われて、ムース感が高まるので賛否はあるだろうが。

もう食器を使った食事はおあずけだろう。
さよならフルーチェ!また、いつか。

ちなみに、「出会う」は人に対して使い、「出合う」は会社や無機物で使いましょう。フルーチェとは「出合う」訳です。ライター仕事で一回指摘されてから、なるべく「出あう」と平仮名表記していましたが、もう仕事じゃないし、関係ない。ネー。

f:id:stolenthesun:20210302181454j:plain

バックパックに収まるのか?

45リットルの防水性のある生地を使用したバックパックを用意して、当座必要なモノを詰めていく。

仕事用具

f:id:stolenthesun:20210302182658j:plain

f:id:stolenthesun:20210302182709j:plain

雨の日の仕事用に安全長靴(¥1,936也)を買いました。
マイヘルメット(¥1,342也)も買いました。
晴れの日用の安全靴は、かさばるので収納せず、毎日履くマイシューズにしました。

f:id:stolenthesun:20210302182928j:plain

こんなトンチキな柄の靴で生活するのか!
ワークマンで、¥980也。
つま先に鉄板が入っている靴で、長く歩くと消耗します。つま先にも自由を!

衣服

f:id:stolenthesun:20210302183323j:plain

f:id:stolenthesun:20210302183332j:plain

身だしなみ

f:id:stolenthesun:20210302183547j:plain

f:id:stolenthesun:20210302184536j:plain

f:id:stolenthesun:20210302184543j:plain

f:id:stolenthesun:20210302183557j:plain

電子機器

f:id:stolenthesun:20210302183754j:plain

f:id:stolenthesun:20210302183804j:plain

f:id:stolenthesun:20210302183814j:plain

西成安宿にはWi-Fi環境が無いこともあるので、モバイルルーターを導入したのですが、楽天モバイルが本体1円・通信量1年間無料で配っていたので獲得。フライングタイガーコペンハーゲンで売っていた、¥100のケースが奇跡的にシンデレラフィットした。

f:id:stolenthesun:20210302184151j:plain

f:id:stolenthesun:20210302184200j:plain

f:id:stolenthesun:20210302184228j:plain

f:id:stolenthesun:20210302184456j:plain


コイツらをギュウギュウにパッキングしていくのだが、どうしても入りきらず、サンダルや調理道具は放棄。

f:id:stolenthesun:20210302184726j:plain

f:id:stolenthesun:20210302184737j:plain

いったん、トランクルームで待っていてもらうことにします。
詰めきりました。

f:id:stolenthesun:20210302184950j:plain

それでは行ってきます。

f:id:stolenthesun:20210302185215j:plain

取りあえず、手持ちの現金は、¥12,323。

銀行口座に18万ほどはありますが、これから携帯とWi-Fiルーターの違約金や先月までのクレカ代などで10万近く落ちる。なので、この手持ちを増やす。西成で働いて増やします。キャッシュカードを手元に置いておくと、使っちゃいそうなのでトランクルームに置いてきました。

f:id:stolenthesun:20210302185822j:plain

旧所在地大阪市北区天満から、西成区あいりん地区までは自転車で30分。
ここで気付いたのは、

「荷物重い。重すぎる」

30分自転車をこぐ間に、早くも絶望感が湧き上がる。

「これ担いで毎日移動すんのか…」

厳しい。始まってもいないのにー。

無料駐輪場がある

駐輪場を月契約して¥3,000くらいの出費を覚悟していたのだが、西成の駐輪場は無料でした。

大阪という大都会でこんなことあるんでしょうか?
しかし、あいりん地区内は自転車だらけです。

f:id:stolenthesun:20210302191258j:plain

青空駐輪場もあるのですが、新今宮駅近くの駐輪場は屋根付き!無料!

f:id:stolenthesun:20210302191647j:plain

f:id:stolenthesun:20210302191654j:plain

各区画に「Fish」とか愛称がついてる。

f:id:stolenthesun:20210302191809j:plain

f:id:stolenthesun:20210302191819j:plain

f:id:stolenthesun:20210302191830j:plain

f:id:stolenthesun:20210302191841j:plain

f:id:stolenthesun:20210302191850j:plain

f:id:stolenthesun:20210302191900j:plain

f:id:stolenthesun:20210302191921j:plain

統一感がないなぁ。
どういう基準なんですか。
「紫陽花」と「向日葵」があったかと思えば、「魚」で大きく括っているのに「イシダイ」とか「ジンベイザメ」とか入れてくるセンス。
しかも最初は各キャラクターに合わせて、区画表示を「ジャイアントパンダ」なら頭文字の「G」としていたようですが、それもガムテで修正されてるし。

しばし、悩んで「Elephant」んトコに停めました。「F」です。elephantでF。

f:id:stolenthesun:20210302192240j:plain

f:id:stolenthesun:20210302192304j:plain

f:id:stolenthesun:20210302192315j:plain

明日は働くぞー

そして、昨日更新した「パークホテル」に宿泊したのだ。

nishinari-lives.com

 ¥1,400という豪華な価格帯の宿に泊まったのは、翌日から労働するため。

なのに、、

すっかり寝坊しました。
起きたらもう9時でした。
大丈夫!まだ、金はある。

f:id:stolenthesun:20210302193238j:plain

ルールとして、「働かざる者食うべからず」としましたので、今日は絶食です。
タバコは買いました。「働かざる者吸うべからず」は導入しません。勝手言ってすみません。

そして無論「働くこと」は「生きること」の必要要件ではありません。人の「働き」を何に求めるのか、は一元的ではない。「衣食住足りて礼節を知る」なんて物言いもあるし、警句なんて融通無碍。

 

起きてすぐに荷物をまとめて、自転車でトランクルームに行く。
駐輪場に行くと、役所の人間がすべてのチャリンコに「撤去予告」の紙を巻いている。定期的にこの予告証を、自転車所有者が剥がさないと、持っていかれるようです。
無料と言っても甘くない。

f:id:stolenthesun:20210302194946j:plain

f:id:stolenthesun:20210302194957j:plain

往復1時間。トランクルームに荷物を降ろす。
いくら何でもこの荷物は重すぎる。
結果、本やデジカメをリリース。文化を守るってむずかしい。生活の壁は教養を奪う。

f:id:stolenthesun:20210302194711j:plain

そして、新たな宿「ホテル スバル」に。 

その先は、初日分に書きます。

 

 

西成に落とした金額

宿代:1400円
アメリカンスピリット・メンソール9mm:400円

食費

なし

所持金

10,523円

住所不定無職になりました。これから西成で暮らします!

という訳なんですね。
大変じゃないですかーw。

会社員を卒業する

じつは、1月末で大阪のWEB制作会社を退職しました。
ライティングや、ディレクション業務をこなしていましたが、なんだか「違うなぁ」と思いながら過ごしていました。コーポレートサイトや商品のランディングページをデザイナーの人たちと作ったり、クライアントと協議したり、納期にあくせくしたり、社長のご機嫌を伺ったり、SEO対策を施しながら記事を書いたり、外部ライターの方の原稿を校正したり。
「こなす」だけの毎日。

どんな仕事でも大差ないでしょうが、結局「繰り返し」。
繰り返すなかで、らせんを描きながら上昇している感覚を持てれば良かったのですが、果ては自分のやったことを自ら模倣するような按配を覚えてしまって。
「これを続けて、死んでいくのかぁ」
と嘆息する日々。

残業代や休日出勤も含めれば、たいそうな額をもらっていて、ありがたかったのですが、確実に心が摩耗し疲弊して。

f:id:stolenthesun:20210302150552j:plain

きっかけを授かる

「勤続20年選手」みたいな書き方をしていますが、大阪のWEB制作会社に在籍したのはせいぜい1年ちょっと。

その前に福岡で会社勤めしていましたが、それも2年ほど。

つまり、社会生活不適合者に他なりません。クズ。愚図。デブ。
最後のは余計じゃないですか?容姿のことには触れないでください。お願いします。
ただ、ロクな仕事も出来ない人間を雇ってくれていた上記の会社には感謝しかありません。

 

20代から40代の初めまでは「映画監督になるっス」みたいな青雲の志を抱いて、東京で映画まわりの下っ端として生活していました。助監督や制作進行の雑務をしながら、「集団でモノをこさえる」喜びを味わいながら暮らしました。

小間使いをしながらも、企画を立案したり、しっかり脚本を書いたり、しなければ映画の世界のヒエラルキーを覆すことは出来ません。
明らかに、僕はその努力を怠っていました。
目の前の仕事をこなして、「映画に関わっているオレ!」みたいな意識にしがみついて生きていたのです。

やがて、無駄に歳を重ねるだけで成長の無い僕には、撮影現場からのお声がかからないようになり、福岡の会社に転がりこみました。
まぁ、そこでも大した仕事もせず、ロクなもんじゃなかった訳です。

 

昨年の10月だったか、大阪の会社で過分なお給金を頂戴していた僕は、福岡に遊びに行きました。そのほかにも、10万円する鹿の剥製を買ったり、高級ソープランドに行ったり、蕩尽する日々でした。
そこで、久しぶりに会った友人に仕事の現状を愚痴っていたら、

「西成で働いて、その体験を書いてみたら?」

と、提案されたのです。
それまでも、物見遊山というかダークツーリズム的な興味で西成あいりん地区を週末に訪れたりしていました。
しかし、そこにあったのは「ヤベェ!」「スゲェ!」とか言いたいだけの外部からの視点だけでした。
なかに入ってみたら、見えてくるものが変わるんじゃないか。何を感じられるんだろうか。
真剣に、「西成で暮らす」ことを考え始めました。

「やってみようかな」

そう決めて、大阪に戻った僕はこのブログを始めました。
まずは、べらぼうに安い西成周辺の宿を巡る。会社のない土曜日に働いてみる。

だいたいブログのタイトルが

「暮らす西成」

とか言ってたのも、その先に実際に会社を辞め、マンションを引き払い、西成で暮らすことを念頭に置いていたからです。
やっと、名刺に内容が追いついた。

f:id:stolenthesun:20210302150649j:plain

今日も西成にいます!

という訳なんですね。
大変じゃないですかーw。

3/1より、宿を転々としながら、西成現金仕事で生きていく。暮らしていく生活をスタートさせています。

ですので、ブログの内容も少しフェーズが変わります。
安宿の紹介や西成仕事の内容などは引き続きご紹介しながらも、基本は日記調になると思います。何も考えてませんけど。

この体験をいつまで続けるのか?
いつまで続けられるのか?(壊滅的な体力と根性の無さで!)
わかりません。
体験が高じて、生活になるまでは続けていきます。生きます。

 

これまで、拙ブログを読んでくれていたみなさま。
お見限りなさらぬよう、よろしくお願いいたします。

どこかでこの体験をまとめて発表できたらいいなぁ。
なぞと甘い考えも持っています。自費出版でもいいので、カタチにしたい。
それまでは、正直に忌憚なく、落ち込んだら落ち込んで、酔っ払ったら酔狂に、ブログを継続していきます。生きます。

ブログのリンク「お問い合わせ」の項には、メールアドレスと住所を掲載しました。
住所は民間の私書箱を借りました。
励ましのフィジカルなお便り、および緊急支援物資などお待ちしております!
そして、勿論、電子的なお便り、ブログへのコメントもお待ちしております!

西成で、仲間と呼べる人たちと出会える日は、けっこう先なのかなぁ、と思っています。
人見知りだし。デブだし。
容姿のことはもう絶対に言わないでください!お願いします。

f:id:stolenthesun:20210302150738j:plain

変わるか堕ちるか

西成での暮らしを始めることは、そう多くの友人に話してはいませんが(そもそも友人が少ない問題)。
同い年の友人に、

「結局、西成をバカにしに行くんじゃないですか?それは良いんですか?」

といった趣旨のことを指摘されました。もっともです。

外部から週末に覗きこんでいる限りにおいては、ある種日本に残された異界を探り、嗤い、自分の安寧な立ち位置を確認して、ほくそ笑むような意識があったでしょうし、今もまだ抜け切ってはいないと思います。

でも、もう内部にいる。中から感じられることが楽しそうだと思うのです。
ここで感じることが、僕のこれからのすべてです。
どんな人間になるのか?僕自身が一番楽しみです。
みなさまも時々ブログを冷やかしに来られて、お付き合いいただけたら、これ以上の喜びはありません。

以上、ご報告でした!