暮らす西成~大阪市西成区あいりん地区に潜伏する

住所不定無職。大阪市西成区のあいりん地区で働きながら生きていこうと思います。アンダーカバーか、ミイラ取りがミイラになるか。

西成で暮らす。95日目 「本物は、とびきり」

2021年6月6日。

おはようございます!
寝てないけれども。一睡の余地もなかったけれども。
杉作さんのお話に浸っていたので後悔はない。
この表現は、「立錐の余地もない」の誤用ですか?
だけれど、人口に膾炙したために定着してしまったパターンですか?
御用ですか?御用だ!誤用だ!日本語は生き物だ。シーチキンと一緒だ。十朱幸代。

昔、映画の仕事の末端に居た頃、原日出子さんと生で至近距離で接する機会があったのですが、メチャクチャ綺麗でした。
なんというか失礼にあたるかも知れませんが、原さんって、もちろんお綺麗だけれど画面を通して見ている分には、「絶世の」とか「黄金比率の」といった美麗さで語られる方ではないじゃないですか?
ところが、とんでもなく綺麗でした。お人柄も込みで。

撮影班の方々には、「ビックリするほどの美しさ」を覚えた役者さんがそれぞれおり、照明部のHさんは、
「十朱幸代が、ものごっつかったなぁ」
と仰っていました。
誰かにとっては、平山あやだったり、菅野美穂だったりする訳です。
喫煙所での三下同士の会話。

「生きてる!」って十朱さんは言ってましたね。
生きていれば、綺麗な人にも会える!
Hさん!まさか、俺、映画の頃より肉体労働してる!元気ですか?

一品料理のつるべ打ち

「ホテル関西」の豪華な朝食に舌鼓。

「したつづみ」って上手く言えない。
「したづつみ」ならなんとか言える。

誤用ですか?御用だ!誤用だ!上等だ。

f:id:stolenthesun:20210730065014j:plain

謎のおしゃれ小鉢の集積のような、当ホテル独特のバイキング形式。
カレーをおかわりして、満腹膨満でウーバーに行く気を失くす。
この小鉢システムはコロナ以前は、一般的なトングでポン見たいなビュッフェだったのだろうか?
いずれにしても、豊富な料理の数々に舌鼓。つづみ。づつみ。

ラソン大会でのあるのだろうか、カラフルなスポーツウェアに身を包んだ団体さんがカーボローディングしている。
その真横で、カレーを何杯も食うデブがいる。

横目で現場

7時半から、突き出たカレー腹を揺らして、配達依頼をこなす。
見事に、10時までは300円均一。
距離が遠くても、どんな近場でも300円均一。
淀川越え案件は消えてくれ。300円で淀川渡るか?バカ。
嘘、いっぱい注文してください。十三や新大阪にお住まいの皆様!
僕は行かないけれど。

寝不足が祟って、15時ごろから2時間ほど公園でうたた寝
生い茂る樹木の先には、工事現場のクレーンが見える。
ああ、いやだ。泥だらけにならないだけ、ウーバーの方がマシに思える。
あっちも現場で、こっちも現場だ。現場現場。ガンバルンバ。

f:id:stolenthesun:20210730070259j:plain

心霊スポット・308号室 

7時半〜22時まで稼働で、¥21,943也。

f:id:stolenthesun:20210730070512j:plain

はい、よく頑張りました。
生きてる!

 

ところで、ネット検索すると

「ホテル関西 308号室」

は心霊スポットだそうだ。

haunted-place.info

 

ちなみに僕が今回二泊した部屋は「3380」
惜しい!

f:id:stolenthesun:20210730071144j:plain

そういえば、学生時代にヴィレッジヴァンガードで、TVのリモコン機能が付いている腕時計を買って、当時住んでいたアパートのロフトからチャンネルや音量を自在に操って、お付き合いしていた彼女を怖がらせたものだ。
どうか許して欲しい。
もう多分覚えてもいないだろうけど。
リモコン付き腕時計で怖がらせた、という以前に僕という人間のことすら覚えていないだろう。山梨で3人のお子さんのお母さんとして暮らしているはずだ。
そんなことを調べてしまうほどの、気持ちの悪い人間である。
別れた後に、無言電話をしていたのも僕である。
どうか許して欲しい。
気持ちの悪い奴だ。

死んだ方がいいけれど、仮死する感じで、おやすみなさい。

 

※ ウーバー稼働中に見つけた激安¥50ドリンク。
active lite
と思わせて、
アクティーブライト aQtive lite
であった。
誤用だ!御用だ!

f:id:stolenthesun:20210730073253j:plain

 


使った金額

駐輪代:150円
お惣菜・唐揚げ:472円
ガーリックバターフランス:203円(二個分)
ベーコンエピ:102円
手作りパン:125円
明治・果汁グミ パイン:95円
明治・果汁グミ マスカット:95円
明治・果汁グミ もも:95円
赤城・ブラック:73円
イカ・南国白くまモナカ:149円
ミニストップ・北海道らいでんメロンソフト:270円
100%果汁グレープ:127円
アクティーブライト:50円
アイスティー微糖:100円
アクエリアス 守る乳酸菌ウォーター:140円
タバコ・アメリカンスピリットメンソール9mm:400円

 

所持金

32,750円

西成で暮らす。94日目 「汝の隣人を愛せよ」

2021年6月5日。

朝、8時過ぎに起床。
お世話になりました「ビジネスホテル スバル」よ。
手持ちが四万もあるんだから、働く必要ないだろ?という悪魔の囁きを振り払って、もろもろの経費を捻り出すためにウーバーイーツやりますね。四万もあるのに。四万あれば、一月行けそうなのに。自転車漕ぐの。俺、漕ぐの。

f:id:stolenthesun:20210624190251j:plain

ここ最近、週末土日は雨模様というパターンは多かったのだが、このところは良い天気。
この「良い天気」は、イコール「稼げない天気」。
雨でも雪でも槍でも降ってくれた方が、ウーバーイーツァーのとっては「稼げる」「良い天気」。槍が降っても、血だらけでお届けするのです。降槍確率20%

実際のところ槍が降ることはなかったが、時おり激しめの降雨にさらされ、難儀する。
手持ちのスマホは防水機能を有してはいるが、充電部に雨露が侵入すると、
「水分を検知した為、充電ができません」
旨通知され、充電不可となる。
もう随分時間が経ったのに、いつまで経っても、警告音と共に「乾かせ!」なメッセージが表示され続けるので、難儀する。
ああ、難儀する。

そんな時は、スマホ本体を上下に激しく振る。
ああ原始的。そして懐疑的にすぎる解決法。ほとんど、初期ファミコンのカセットの差し込み口をフーッと息吹く行為と変わらない。
今思えば、アレもおかしな行為だった。
今も、おかしな行為をしている。

ただ、結果的にそんな営為の果てに「充電可能」になるのだから、ウソだろ!と思う。機械とは上手くやっていく自信がない。

上下に誰かが住んでいる

f:id:stolenthesun:20210730044235j:plain

ウーバーイーツ配達においてエレベーターは福音。

5階建ての5階に住まうお客様にお届けする際に、エレベーターが設置されていないおマンションに当たってしまった時など、ほとんどお嘆きの限り。
エレ無しのマンションの上層階に住まうお客様は、二度とウーバーを頼んでほしくない。
いいや、頼んでください。大丈夫です!

気の利いたマンションには、たいていエレベーターがあるし、割合としては高層階に住み、そこから蟻のように蠢く庶民を睥睨し、「腹減ったな!貧乏人に運ばせるかな」とウーバーを注文されるお客様が多い。と想像されるので、必然、我らアントはエレベーターの箱の中での滞在時間も増える。

箱の中の壁面には、管理会社からの「お願い」や「注意事項」などが記載されたペライチが掲示されていることがある。
なかでも、「騒音」関係の貼り紙をもっとも多く見かける。
足音や楽器、深夜の話し声
などへの言及が多数を占めるように見受けるが、
「叫び声のような大声」
とは、具体的かつ当の本人からすれば末期的かも知れない。
もしかしたら、要救済案件のような気もする。
夜中にうなされているのだろうか。
そして、うなされていないのだとしても、夜中に「叫び声のような大声」をあげたくなる夜は誰にだってあるとも思うのである。
救ってあげて欲しい。

f:id:stolenthesun:20210730050345j:plain

ビジホに連泊

9時半〜21時半まで稼働で、¥9,324也。

f:id:stolenthesun:20210730050631j:plain

朝食バイキングに釣られて常宿となりつつある梅田の「ホテル関西」に連泊と決め込む。
運良く一泊あたり¥2,000で予約が出来た。

スーツケースを転がすツーリストに混ざってウーバーバッグを背負った汗まみれのオッサンがチェックインするさまは、あまり客観視したくない。
そもそも己を冷静に客観視出来るような矜持があれば、こんな暮らししてない。

f:id:stolenthesun:20210730050648j:plain

f:id:stolenthesun:20210730050657j:plain

風呂場で汚れた服を洗い、うつらうつらしていたら杉作J太郎先生のyoutube「狼の墓場チャンネル」の生配信が明け方に始まってしまいガッツリ聞いてしまう。
眠らずに日曜ウーバーに向かうことにする。

www.youtube.com

 

f:id:stolenthesun:20210730062738j:plain

f:id:stolenthesun:20210730062748j:plain




使った金額

宿泊代:4040円
おおきなおむすびソーセージ:160円
おおきなおむすび海老天:160円
おおきなおむすび鮭マヨ:159円
ジャンボフランク:160円
ベーコン&チーズデニッシュ:138円
厚切りハムカツパン:194円
豚肉と筍の春巻:95円
シャキレタスとハムチーズ:147円
タマゴヤキミックスサンド:149円
明治・チューインガムつぶつぶフルーツ:276円(二個分)
森永・大粒ラムネ ピーチソーダ:138円
イカ・南国白くまモナカ:149円
豆乳ラテ:181円
ドトール塩キャラメルラテ:96円
烏龍茶:52円
烏龍茶:106円
タバコ・アメリカンスピリットメンソール9mm:400円

 

所持金

35,396円

西成で暮らす。93日目 「あいりん地区ツアー」

2021年6月4日。

今日は、縁を作っていただき、長く西成労働福祉センターに勤務し、現在はあいりん地区のまちづくりや地域再生に関わる活動をされ、漫画家でもある、ありむら潜さんのナビゲートで「釜ヶ崎のまち・スタディツアー」に参加する。

朝から梅雨模様の雨。
昼過ぎに、説明会の会場に向かう。
こういう事前情報収集みたいなこと、その地を訪れる際の通過儀礼みたいなものは、3ヶ月前に済ませておけ!という気もする。無礼に西成に突入して、そのままなので巻き戻してやり直し。コロナの影響もあり、今日のツアー参加者は僕ひとり。マンツー。

f:id:stolenthesun:20210624175803j:plain

太子の交差点からスタートし、あいりん地区をグルっと詳細に巡る行程は、濃密な時間であった。

ありむらさんは、コチラが質問を投げると、4倍付けで返答してくれるエネルギッシュな方であった。その模様は、改めて別記事でご紹介したい。

日雇いのおっちゃん達が溢れかえっていた時代を知っているそのお話は情報多すぎ。多分、まとめるのに2年かかるでしょう。仕事が遅い。

f:id:stolenthesun:20210624180347j:plain

f:id:stolenthesun:20210624180357j:plain

f:id:stolenthesun:20210624180404j:plain

もっとも印象的だったのは、
「この街にも子どもたちがいる」
ということ。

普段、路上に座り込み酒をくらうおっちゃんたちの姿ばかりが目につくが、耳をすませば子どもたちの声も聞きつけることができる。
「子どもたちの未来につなげていかねばならない。この街も」
というありむらさんの言葉。

f:id:stolenthesun:20210624180816j:plain

野良で、飛び込みでこの街とそこに住まう人を知りたいと始めた、この旅。

オフィシャルなシステムに関わることはなるべく避けてきたのだけれど、すっかりゲリラ手法は停滞気味。己の無力さと向き合いながら、この街と人を見つめていければ、と思う。
杉浦さん、ありむらさん、お世話になりました。

 

ツアーはたっぷり5時間近くに及び、事務所に戻って、少しありむらさんに話を伺う。
このブログも、進めていることも、46のもう終わってるおっさんの「自分探し」に等しい行為。
知りたいのは、西成のおっちゃんたちのオーラルヒストリー。

「どうやったら、仲良くなれますか?」

などと、ご相談。
時間かけて、機会を作って、関わっていくしかないのだろう。

西成やあいりん地区への先入観と関わり方については、僕のやっていることはおふざけが過ぎ、また根っこが座っていないやり方かもしれない。

杉浦さんにも、ありむらさんにも、このブログのアプローチを知られてしまえば軽蔑されるかも知れない。例えそうでも、それも受け止めねばならない。

f:id:stolenthesun:20210624182534j:plain

 

 


使った金額

あいりん地区歴史資料:700円
鶏つくね串:135円
たまごサラダロール:130円
ぎっしり満足!サンド:178円
菓子パン・もっちわ:84円
牛スジ煮込み:214円
お惣菜・天ぷら:490円
ロッテ・ハーシーチョコケーキ:214円
コカコーラ・紅茶花伝ミルクティー:90円
ジャスミン茶:100円
レジ袋:3円
タバコ・アメリカンスピリットメンソール9mm:400円

 

所持金

42,196円

西成で暮らす。92日目 「人間力は年齢に関わらない」

2021年6月3日。

4時半、起床。

待ち合わせ場所まで向かう。
今日の現場は、電車からバスを乗り継ぐ必要があり、交通費が片道千円近くかかるようだったので、途中で拾ってもらうことにした。

新今宮駅の朝。
いくら眠っても眠たい。
ずっと眠たい。

f:id:stolenthesun:20210610190934j:plain

f:id:stolenthesun:20210610190944j:plain

大阪から遠く離れて、電車内からは人影がいなくなり、朝日だけが車内に差し込む。

f:id:stolenthesun:20210610191046j:plain

最寄駅には、定食チェーン店が無かったので、コンビニのイートインコーナーで弁当を食らう。

意外に、こんな早朝からイートインでお茶する人、新聞を読む人、突っ伏して眠る人はいる。
仕事明けなのか、これから仕事なのか。
おはようございますの方も、おやすみなさいの方も、いってらっしゃい。

f:id:stolenthesun:20210610191816j:plain

疲れるだけですよ 憎んでみたところで
だから お早うございますの帽子屋さん

ひとこと話をすれば 誰でも友達
だから お早うございますの帽子屋さん

 

作詞作曲:谷山浩子
『お早うございますの帽子屋さん』

帽子は無いけど、メットは持ってる。
それでは、お仕事行ってきます。

同僚と呼べる人

ここ最近の現場で一緒に作業する先輩が今日も同現場。

車での移動中に、あれやこれや話をする。

恋愛相談めいたことを受けちゃったりなんかしちゃったりして、どこのブサイクが答えとんねん!と、内罰的になる。
チョンチョン、広川太一郎

彼は、まだ30代だが15年のキャリアを持つ青年。
46のおっさんが人生の先輩ズラして一般的な毒にも薬にもならないことを話すのは、悪影響でしかない。
とは言え、偏向しまくった淀んだ厭世観をぶつけて未来ある若者に、青春の蹉跌を与えるのも考え物。どう話せば良いんだろうか?
話し方も忘れてしまった。

同僚に甘えてしまう

今日も、スコップを振るい、セメントと土にまみれる。

穴の深さの測定が不十分で、先輩に迷惑をかけっぱなし。
穴の高さを整える為に、周囲の土とセメントを足していく工程があるのだが、固まった土=ダンゴと呼ばれる、で調整しようとすると平滑にしにくいので、なるべくサラッとした土を入れねばならない。
しかし、掘り起こした土が、ほぼ粘土質のダンゴばかりであることも多く、難儀する。

そんな時は、少し遠くの場所まで土を取りに行く。
そこで、人間が出来ていない僕は「クッソ」とイラついてしまう。
客観視すれば、大した距離ではない。
数歩だけ歩けば良い。
けれど、疲れている時にはその一歩が遠い。重い。

すると、その30代の先輩に、

「そんなに頑張らないでいいですよ!ゆっくりやればいいです。最後は僕が整えますから」

と言われる。

 

ああ、情けない。
必死こいてる自分に酔って、一生懸命を演じてるだけだ。
情けない。

その場では、言葉に出来なかったので、休憩時間に

「さっきは、すみませんでした。周りが見えなくなりました。ごめんなさい」

と伝える。

「なんで、敬語なんすか(笑)。ダイジョブす。早く終わらせましょう!」

どうですか?
この、人間力の違い!
何を無駄に歳取ってんだ僕は。
彼は、あらゆる意味で先輩です。
ありがとう。
一応、敬語なしで感謝します。

f:id:stolenthesun:20210610194727j:plain

f:id:stolenthesun:20210610194559j:plain

周囲が宅地用地で、養生をする必要がなかったこともあり、15時過ぎには終了。

肩と腰が痛む。
隔日でも疲れるなぁ。
大した仕事っぷりでも無いのに…

お疲れ様でした。
ありがとう。

メロンソーダを飲む

自分に甘いので、すぐにご褒美に走る。

天王寺に17時に着いて、喫茶店に入り清涼に浸る。

f:id:stolenthesun:20210610195204j:plain

フロートにすりゃあ良かったかなぁ。
アイスが浮いててナンボのエメラルドだろうよ。
失態。
秒で飲み切る。
氷を噛み切る。

昭和のおじさん、のクリシェで恐縮だが、おしぼりで顔を拭き、あまつさえ耳の穴まで拭き、今日の作業で蓄えた砂ぼこりをおしぼりに移し替える。
下品だわ。
だけれど、おしぼりの力は偉大だわ。

f:id:stolenthesun:20210610195526j:plain

映画を観る

これでもかという位に自分に甘いので、あべのアポロシネマで映画鑑賞。

アオラレ

人生に、生活に失望したラッセル・クロウが一直線に非道の道に堕ちていく映画であった。
煽ってしまった相手がキチガイだったという不幸な一編ではあるが、ラッセル・クロウの視点に立てば、「信念を持った男は強い」という意志の力を存分に感じられた。
途中、肩を撃たれたラッセル・クロウ「痛っ…」て時に、お茶目な表情を見せるのが唯一の救い並みの極悪っぷりであった。

とにかく、現場で疲れている僕が眠らなかったのだから、面白い映画であるという証左になるだろう。堪能。

f:id:stolenthesun:20210610200335j:plain

f:id:stolenthesun:20210610200412j:plain

最後に、汚れちまった今日の作業着を載せて、おしまい。
食って、飲んで、寝る。

f:id:stolenthesun:20210610200518j:plain

f:id:stolenthesun:20210610200615j:plain

 

仕事内容
日付:2021/6/3(木)
場所:大阪市
現場:更地
内容:土壌改良・乾式柱状改良
時間:8:00~16:00
待遇:飯なし
給与:¥15,000

 

収入

15,000円


使った金額

交通費:840円(往復)
映画代:1200円
純喫茶スワン・メロンソーダ:410円
立体不織布マスク50枚入り:862円
3色そぼろチキン南蛮弁当:498円
カニカマパン:138円
もちもちリングシュガー:108円
4Pビーフジャーキー:1285円
ヤマザキ・大きなメンチカツ:124円
やみつき枝豆チーズパン:108円
竜田揚げ串:120円
とり天塩レモン:91円
紅生姜唐揚げ:89円
ガーリックほうれん草:189円
もっちミルクシュー:77円
ヨーグリーナ:84円
烏龍茶:140円
BICスリムライター:132円
レジ袋:2円
レジ袋:4円
タバコ・アメリカンスピリットメンソール9mm:800円(二個分)

 

所持金

44,934円

西成で暮らす。91日目 「言葉の力」

2021年6月2日。

油を差さないと関節が動かないロボットのように。
ンギー、ンギーと身体を動かすたびに、きしむように感じる。

どうやら、明日も仕事をもらえるようだ。
っじゃ、今日休む。休み!

窓ガラスの隅っこが割れていて、BLACK FLAGの『DAMAGED』を思い出したので、Spotifyで聴く。

f:id:stolenthesun:20210610165653j:plain

www.vice.com

しかし、このアルバムは、思いっきり冷えた真冬の夜か、とんでもなく暑い真夏の真っ昼間に聴くのがふさわしい。
そっと、音量を下げる。

空から降ってくるもの

昼過ぎまでダラダラとしていたら、開けていた窓から何かが降ってくるのが見える。
同時に、上階からパチパチという音が重なる。

あれ、雪かな?頭おかしくなったのかな

爪。
爪切って、それ、窓から落としてんのか。
ただ、空からカエルや魚が降ってくるファフロツキーズ現象に見舞われたら、それこそ悪夢なので、良しとする。
爪切ってヨシ。それを降らせてもヨシ。
そっと、窓を閉める。

お寺を探す

西成あいりん地区周辺には意外に自社仏閣が少ないという印象がある。

個人的にお寺の門前に掲げられた「今日の一言」が好きなので、それをどうやって決めているのか調べてみたい。

商店街の脇道を入ってすぐにある「行圓寺」。

いい言葉が書いてある。

f:id:stolenthesun:20210610173339j:plain

なんというか身も蓋もない感じ、「パンは焼きすぎると焦げるけれど、裏面は焦げてない。ひっくり返せば焦げてない」みたいな文章が良い。
おおむね、お寺の「今日の一言」はこういう感じ。

「そうか!」と「むむむ」が同居するような絶妙な、それは念仏的と言っていのかも知れない文言のセレクトの秘密を知りたい。

あいかわらず、アポなしで突撃してみたがご不在のようであった。
また、来ます。

f:id:stolenthesun:20210610173727j:plain

悪意に触れる

すっかり、絶食なんてする気がないので、今日はドン・キホーテに買い出し。

これはお得な情報ですが、新世界のドンキはビルの4階部分にあるので、エスカレーターを乗り継ぐよりも、1階からエレベーターに直乗りした方が目的地まで早く着く。
ので、今日もエレベーターを利用せんと乗り込もうとしたら、目の前の全身都市型迷彩に身を包み、サングラスと黒ウレタンマスクでその表情を隠した男が、両手を『プラトーン』のウィレム・デフォーばりに拡げて通せんぼして乗せてくれない。

「あの、乗りますけど…」

と問いかけても、微動だにせず通せんぼ。

挙句、扉の閉まり際にコチラに向き直り、中指を立てて消えていった。

なんというか、脱力。インターロック。
意味の分からない悪意の顕在に困惑し、ゲンナリする。

わかったような気になる言葉

買い物を済ませ、コインランドリーに行き、そぞろに街を流す。

f:id:stolenthesun:20210610175220j:plain

f:id:stolenthesun:20210610175231j:plain

f:id:stolenthesun:20210610175242j:plain

f:id:stolenthesun:20210610175252j:plain

f:id:stolenthesun:20210610175555j:plain

夜は、Netflixで映画を観る。

ベスト・オブ・エネミーズ -価値ある闘い-

で、サム・ロックウェルの過剰にケツを振りながら歩く粗野な人物造形を堪能し、

そして明日は全世界に

では、左翼思想に傾倒する女子大生のフラフラした態度に共感する。
劇中で、女子大生の父親が、

「30歳未満で左翼じゃない奴は心がない。30歳以上の左翼には脳がない」

という台詞を吐いていて、それは「順応」の言い換えなんだろうか?「成熟」の結果なんだろうか?と考える。
「DON'T TRUST OVER THIRTY」と、僕が気軽にほざけたのは20年以上前になる。

同時に、竹中労

「弱いから群れるんじゃない、群れるから弱いんだ」

という言葉も思い出す。

どんな言葉も、誰がどう評価しようとも、受け取る側の心持ちひとつ。
それは、寺の門前に掲げられた「今日の一言」のように、響くか受け流すか?
今の僕には、消化しきれない。
一聴して、納得できるような、わかったような言葉ではないものを探しているような気もする。

 

明日も、現場です。
お早く、お休みなさい。

f:id:stolenthesun:20210610182232j:plain

 


使った金額

コインランドリー(洗濯):200円
手仕込みジャンボチキン:214円
カレー風味ひと口ハッシュドポテト:215円
白桃ヨーグルトパンケーキ:66円
サッポロポテト・バーベQ味:75円
クラフトボス・ミルクティー:106円
レジ袋:4円
タバコ・アメリカンスピリットメンソール9mm:400円

 

所持金

37,235円

西成で暮らす。90日目 「夏への扉」

2021年6月1日。

日雇い現金仕事の日。

見落としていたが、夜中に「現地に8時半に来ればいいぞ!」とのLINEをもらったので、5時半に起床。
すっかり、日の出が早くなった。
「まだ暗いうちに、仕事を探す」
みたいな気の滅入る状況ではなくなった。逆に言うと、
「もう、明るいぞ!起きろ!働け!」
とお天道様に急かされているような気がする。

どっちもどっち。
どっちが良いのか?どっちも良くない気がする。

f:id:stolenthesun:20210610143825j:plain

f:id:stolenthesun:20210610143836j:plain

ちなみに、「ビジネスホテル スバル」の個室には、テーブルという物がない。
ならば、どうせテレビは見ないのでテレビ台から液晶モニターを降ろして、テーブル代わりにしてキーボードを打ったりしたいのだが、実はこのテレビはテレビ台と接着されている。
つまり、このテレビ台を小机として活用し、ささやかな宴の舞台としたり、ノーパソを置きエンターキーをタターン!と打ち鳴らすことは叶わない。

確かに、このサイズの液晶テレビなら、盗める。
なら、貼り付けとけ!というのは理屈だ。

畢竟、寝転んだり胡座をかいてパソコン作業をすることになるので、いつでも、物が片付いていない、引っ越し間際の焦燥感めいた感覚を呼び覚ますことができる。
いつだって、人は旅人である。

今日も、泥と砂に塗れる旅が始まる。

摂取して排出

現場の最寄り駅まで、電車を2回乗り換え到着。
ここから現場までは徒歩で10分か。

まばらにスーツ姿の通勤客が駅に向かう波に逆行し、松屋で、ソーセージエッグ定食+ミニカレーを食す。
カレーって本当に美味しい。
どうしてこんなに狂おしいくらいに美味なんだろうか。
あらゆるものはカレー味であるべき。
べき、ではないかも知れない。

松屋の店内で、排便も済ませ準備完了。
カレーが美味しい!との話をした後で恐縮だが、現場によってはドドド田舎ーなこともあるので、仕事中に排便なんて出来ると思うなよ、そう言いたい。誰に?自分に。

f:id:stolenthesun:20210610145208j:plain

現場に到着すると、まだ監督さんは来ていない。
貧乏性というかお父さんは心配性症候群なので、集合時間の30分前には行ってしまう。
怒られたくないから。
不測の事態に対処したいから。
人を待たせるほどの人間ではないから。

箭内道彦が自らのド派手なファッションの理由を問われて、
「自分には中身がないから、外見だけでも派手にしている」
と嘯いていて、一時期は僕もその言に倣い、アクロバティックな配色の洋服を着ていたものだが、今ではすっかり地味な作業服しか持っていない。必要が十分を作る。
いよいよ、中身が問われるようになった、と思えばこうして何度も現場に呼んでくれる依頼主の期待を裏切ってはいけない、と想いを新たにするのであった。

灼熱地獄未満

すでに、元請けの部長さんが来ていたので、少し歓談。

「今日は暑くなりそうですね」

「そうやな、これからは地獄の季節やな、みんな辞めていく季節や」

今日の当地の予想最高気温は30度超え。 
駅前スーパーで買ってきた2リットルのお茶はきっとすぐに飲み干してしまうだろう。

 

監督さんともう一人の職人さんと合流。

乾式土壌改良。
更地の計測をし、住宅街の一角なので周囲に影響が及ばぬようシートを張って養生する。
仕様書を読むような能力はないが、この辺の手際はある程度慣れてきた。
釘を地面に打ちつけたり、スプレーでマークしたり、単管を地面に打ち込み、シートを拡げたり。

キリと呼ばれるドリルを地面に打ち込み、穴を穿つ音。
重機が回転し、泥を落とす音。

現場仕事を経験していなかった頃には、「うっせーな、テメーら!」と感じていた作業音。
今は、こちらが住宅街に突然現れた騒音主である。
何事も経験しないと、時には相反する立場に立ってみないと他者を許容する心は芽生えにくい。
近隣の住宅の方には、「ちょっとうるさくしますので、恐れ入ります!」と挨拶する。
どの方も、「わかりました」「大丈夫です!」と答えてくれる。
果たして、僕はこんなに爽やかに答えられていただろうか?
経験していなくても、思いを馳せることは出来る。
経験則に頼らずとも、寛容さにたどり着くことが理想。

「出産の痛み」
を表現する時に、「鼻からスイカを出すような」とか「足の小指をタンスの角にぶつけた痛みが骨盤全体に永遠に続くような」とか、比喩の手練手管を尽くすのは、出産という行為への敬意を、そのかけがえのない瞬間に至る過程を、共有してもらいたい、寛容さへの希求だと思うのである。云々。

コンビネーションで乗り切る

地面を掘り起こし、セメントを加えて撹拌。

手元を受け持つ僕は、適宜掘り起こされた土とセメントを穴に戻し、混ぜ込んでいく。

穴の深さは数パターンあるので、混ぜ込みが終われば、深さを計り、穴の表面を整えていく。
スコップの振り回しと地面を整える金属製のテン棒を振り落とす作業。
瞬く間にヘルメットの裏側から汗が滲み、呼吸が荒くなる。
セメントの粉と土が降りかかり、視界が曇る。

一連の作業は身についてきたが、掘られた穴の表面を整備する精度がまだ甘い。
もう一人の職人さんが上手くサポートしてくれる。

「まず、周りから固めて、あとはポンポンポンって、やればいいです」

なるほどっすねー。ポンポンポンすねー。
とは瞬間、理解するが少し立ち止まると「ポンポンポン」ってどうやるんすか?
その、頃合いは経験で埋めていかねばならない。
「ポンポンポン」
わか・りま・せん!

今日は、大まかな高さを僕が作り、一緒に作業する方が調整していく段取りで上手く進んだ。

 

何度か休憩を挟むたびに監督さんがクーラーボックスから冷えた(そうでもないヌルめの)コーラや缶コーヒーをくれる。

ヘルメットを外し、タバコに火を点け、地面に腰を下ろす。
汚れは気にならない。
もう、存分に汚れている。

職人さんは、頭から水道をかけて冷やしている。

「おい、まだ6月やで」

「ホントっすよ。ヤバいすね」

f:id:stolenthesun:20210610155408j:plain

空調服とか必要になるんですかね?真夏は」

「ああ、でもアレもね。そんなに効果ないです。動き回ったら一緒。変に重たいだけで。水かぶるのが一番やね」

夏ってなんなんですか。

f:id:stolenthesun:20210610155642j:plain

泥だらけですけど、電車乗らせてもらいます

作業は終わり、後片付けの途中であったが17時を回っていたので、

「もう、上がってええよ。ご苦労様。駅まで歩ける?」

少し慣れてきたからか、今日の報酬は¥15,000。
あざっす。
お疲れ様でっす!

駅までの途上、自販機で買った飲料を秒で飲み切る。
あああ、疲れた。ポンポンポン。

f:id:stolenthesun:20210610160206j:plain

持ってきた薄手のジャケットで泥だらけのロンTを隠すように着込み、電車に乗り込む。

すみまっせん!
臭いでしょう?汚いでしょう?
離れて立ってますんで、勘弁してください。

f:id:stolenthesun:20210610160349j:plain

宿に帰ったら、もう何もやる気起きない。

それで、ブログの更新も遅れるんですよね。
良くない。
女装さんの記事もまだ出来ないし。
良くない。

でも、ひたすら疲れた。
眠りまっす。

仕事内容
日付:2021/6/1(火)
場所:大阪市
現場:更地
内容:土壌改良・乾式柱状改良
時間:8:30~17:15
待遇:飯なし
給与:¥15,000

 

収入

15,000円


使った金額

松屋・ソーセージエッグW定食+ミニカレー:480円
交通費:860円(往復)
豚肉と筍の春巻:190円(二個分)
厚切りロースカツサンド:346円
ベビースターラーメンおつまみ:216円(二個分)
2種類のクリームたっぷりシュー:52円
クーリッシュ・フローズン白桃:75円
ガリガリ君・リッチチョコミント:84円
森永・大粒ラムネ ソルティライチ:151円
森永・アロエヨーグルトバー:151円
烏龍茶:97円
やかんの麦茶:140円
味わいカルピス・フルーツミックス:117円
レジ袋:2円
タバコ・アメリカンスピリットメンソール9mm:800円(二個分)

 

所持金

38,515円