暮らす西成~大阪市西成区あいりん地区に潜伏する

住所不定無職。大阪市西成区のあいりん地区で働きながら生きていこうと思います。アンダーカバーか、ミイラ取りがミイラになるか。

西成で暮らす。30日目 「タワマンと皿うどん」

2021年3月30日。 

昨晩遅く、LINEを交換していた会社の社長より、

「明日、仕事あり。ここに来れますか?」

というマップ画像付きの連絡が入った。
久々の現金仕事にありついた。
やったー!やったよー!
快哉を叫ぶ気分でもない訳だが、ありがたい。

ので、3時起床の日雇いムーブは辞め、おとなしく翌日に差し障りのない範疇でウーバーイーツに勤しむことにする。

9時半〜16時半まで稼働し、¥5,444也。

f:id:stolenthesun:20210406163806j:plain

タワマンに住む人々

ウーバーイーツはローンチ直後よりも確実に、報酬体系が配達員が稼げない方向に移行している。
これだけ配達員が飽和状態になっていれば仕方のない話ではある。

その補完作用というわけではないだろうが、「チップ制度」が導入され、お客さんから幾ばくかのお駄賃をもらうことも増えた。

あるときは、配達距離としては数十メートルだったのにもかかわらず、外国人の方が2000円を超えるチップを弾んでくれたこともあった。
皆さんもウーバーイーツ注文するときは、2000円クラスのチップをください。
向上心ゼロの僕は、その瞬間その日の仕事やめますんで。
よろしくお願いします。


注文をするお客さんは、富裕層の方も多い。
なぜ、富裕層だと感じるかと言うと、オートロックが三重にもかけられ、コンシェルジェが常駐し、高速エレベーターで気圧の変化で耳の調子が悪くなるほどの高層マンションに住んでいるから。
これは富裕層。もう、富裕層。ああ、富裕層。

この富裕層の方々が、チップを弾んでくれるか?
と言うと、そんなことは全くない。
むしろ、くれないです。
金持ちこそ、そんなところには細かな金でも落とさない。

 

今日は、6キロ離れた「ローソン100」から、食材を注文される富裕層の方がいらっしゃいました。

注文内容は以下。

 

f:id:stolenthesun:20210406165752j:plain

絶妙な注文である。
大根1/2とか。
この注文をウーバーイーツで割高に頼んでしまうところが、富裕層的。

30分かけて、タワーマンションに到着し、商品を渡す際に、

「お待たせしました!商品コチラです。 ちなみに、これで何作られるんですか?」

と聞いてみたりしました。

お客さんは、

「ええ?特にこれで何か作る訳じゃあなくって。足りなそうだったから…」

と困惑気味。

すみません!踏み込み過ぎました!
そして、見事にお客さんからはBAD評価をもらってしまいました。

 

この質問をしてみたのは、以前に別のタワマンのお客さんが「成城石井」から下記の注文をしていて、

f:id:stolenthesun:20210406170609j:plain

「今から、サラダを和えて仕上げるところー!ちょっとアクセントが欲しくって!」

と笑顔で答えてくれた上に、500円もチップをくれた成功体験があったから。

コミュニケーションって難しいですよね。
配達員は黙って、自転車漕いどけ。

住む所

西成の安宿で生活するようになって、自分自身確実に変わった点がある。

モノを持たず、モノを置かないのならば、住む場所は本当にシンプルでいい、ということ。

当初は、共同便所に抵抗があったが、それも慣れてきた。
洗濯だけは厄介だが(洗濯機と干す場所は欲しい!)、自部屋への執着は減じた。

西成暮らしをいつまで続けられるかは分からないが、今後の人生は住処への過度なこだわりを捨てたいと思う。
タワーマンションへの憧れ、なぞ今までもなかったが、より住処に求める芯がハッキリしてきたように思う。

 

長々と書いてきたが、詰まる所
「タワマンの皆様!いつもウーバーイーツのご注文ありがとうございます!皆様のおかげで、僕のような貧民も霞を食えます!これからもどんどん注文してねー!」
ということでした。
失礼しました。

皿うどんからの誘惑

西成に戻る途中、なんばの裏路地のショーケースの前で、食欲が抑えきれなくなる。

f:id:stolenthesun:20210406172037j:plain

いいなー!

皿うどん!食いてーぞ!
じゃあ、食うぞ!

f:id:stolenthesun:20210406172136j:plain

f:id:stolenthesun:20210406172148j:plain

中央軒」という大阪の老舗。
今日はしっかり働いたよ。
明日はがっつり現場だよ。
だから、ちゃんと食うよ。

皿チャン定食(小焼きめし)
1300円也。

f:id:stolenthesun:20210406172412j:plain
カメラも曇る皿うどんの威力。

f:id:stolenthesun:20210406173149j:plain

食い進める中で、「金蝶ソース」をプラス。

f:id:stolenthesun:20210406172627j:plain

f:id:stolenthesun:20210406172638j:plain

ベースの味付けが控え目な濃さなので、ソースを絡めると満足感がアップ。
後半には、カラシやお酢も加えて、ちゃんぽん万歳で完食。
焼きめしもチープで、ジャンクで美味かった。

f:id:stolenthesun:20210406172858j:plain

もっと、大阪っぽいもん食えよ。
でも、食いたいもん食うよ。

お店のお冷がレモン水だったのが、プラスポイントであった。
ごちそうさまでした。

f:id:stolenthesun:20210406173052j:plain

明日は、現金仕事。

ちゃんと寝て、働く。
つもり。

 

西成に戻ると、路上に大根が落ちていた。
1/4くらいか。
1/4の西成の尋常な日常といったところ。

f:id:stolenthesun:20210406175557j:plain

 

 

使った金額

皿チャン定食(小焼きめし):1300円
たっぷり豚肉春巻:119円
乳酸菌入りドーナツ:86円
亀田の柿の種・お好み焼き味:406円(二個分)
果汁グミ・ぶどう:84円
果汁グミ・マスカット:84円
伊藤園お〜いお茶濃い茶:181円
サンガリア・まろうまカフェオレ:100円
タバコ・アメリカンスピリットメンソール9mm:400円
 

所持金

434円