暮らす西成~大阪市西成区あいりん地区に潜伏する

住所不定無職。大阪市西成区のあいりん地区で働きながら生きていこうと思います。アンダーカバーか、ミイラ取りがミイラになるか。

西成で暮らす。23日目 「風体が馴染む」

2021年3月23日。 

 

3時20分起床。
10分後には、仕事探しに外へ。

もう、一方的にはコチラは顔を覚えてしまっている手配師も多い。

「もう、決まっとる!」
「ないわ!」
「(ただ、首を横に振る仕草)」

大体の反応も分かってきた。

ハイ!仕事ないっすね!! 

 

先週仕事をした時に同行した一群がおり、近づいてみる。

「今日は。。無さそうですね?」

「この時間まで車来ないんで、ないでしょうねぇ」

時刻はまだ4時前である。

f:id:stolenthesun:20210323204519j:plain

f:id:stolenthesun:20210323204540j:plain

「家ないんですか?」

いつものゾーンを二周して、あいりんセンター付近のガードレールに腰掛けていたら、一台の軽自動車が近くで停まった。すわ、スカウトか!
助手席から降りてきた男性が笑顔で話しかけてくる。

「おはようございまーす!住む家ありますか?お困りじゃないですか?」

やったー!やったやった!
ついにホームレス認定されたようだ。
西成で暮らしだして3週間。
ついに、この街に馴染みきったのだ!
成長した。否、沈没した。しきった。
僕はもうホームレス然。

もしかすると、この声かけは所謂「生活保護ビジネス」と言う類のモノかも知れない。
もう少し、話を聞けばよかったと後になって思ったのだが、「いや、大丈夫ですよぉ」と半笑いでその場を去ってしまった。去る僕の背中に「また、お願いしまーす!」と畳み掛けてくる。善意やボランティアの人たちならば、そんな言葉を投げかけるだろうか?
怪しい香りしかしなかった。

 

その後も、ただ漫然と車や手配師が来ないか?
待つ。
本当に馬鹿らしい。何をしとるんだ、この状態。
何「待ち」ですか?
「仕事待ち」と言えればまだ良い。
「仕事があるかどうか分からないのに、ただ手配師を待っている」と言う「待ち」なのです。

 

隣のオッチャンに声をかけてみる。
時刻は5時に近付いている。

「もう、現金無理ですかね?」

「そうやな。もーう無いやろな」

「この場合、オッチャンはドヤ帰るんですか?」

「そうやろ。酒飲む以外、何するねん」

そう言い残し、盛大に痰を路上に吐き散らし、そのオッチャンは明けきらぬ闇に溶けていった。

f:id:stolenthesun:20210323210230j:plain

仮眠してウーバーイーツ。それ以外ない

表題の通りである。

5時半過ぎに「パークイン」に戻り、3時間ほど寝る。

その後、天満橋の駐輪場に停めてきた自転車を引き上げるために、地下鉄で移動。
駐輪代も二日分で¥300かかった。
イタイなぁ。

11時から20時までウーバーイーツ稼働。

それだけの時間稼働したのに、今日の稼ぎは¥5,121。
コレには原因があって、後半の3時間は西成区大正区で配達依頼が来るかどうか?試してみたから。

結果、3時間で一件しか依頼がなかった。

夕食のピーク時には通常、梅田(キタ)や難波(ミナミ)といった中心部で稼働すれば、1時間に4件配達することも不可能ではない。
しかし、西成周辺ではさっぱりであった。

オッチャンたちが注文する訳はないしなぁ。
カップ酒のデリバリーでも出来ればいいんですがねぇ。

 

ちなみに、2月に買った中古自転車は当初からサドル部にヒビ割れが有り、そこから延々と日曜日に降った雨の水分が浸み出してきたので、終日ズボンの臀部が濡れた状態で配達していた。
途中、配達先のエレベーターの鏡で確認したら、ズバリうんこ漏らしたみたいな有様であった。
ので、なるべく平行移動および後ろ歩きで移動することで、うんこ漏らし疑惑を排除するのに苦心した。
それは、さながら「誰にも背中を取られまい」とする一流の武道家のようであった、とかないとか。

f:id:stolenthesun:20210323212205j:plain

 

西区の靱公園では桜が咲いていた。

f:id:stolenthesun:20210323211403j:plain

f:id:stolenthesun:20210323211415j:plain

f:id:stolenthesun:20210323211427j:plain

もう4月か…。

コレから、どうする。。

本当に、日雇い仕事がない。

どうしたら良いのか。

現状分かっている会社や手配師に電話連絡してみたのだが、
ひとりの手配師からは、

「仕事あるときは、コッチから連絡するから!しょっちゅう掛けて来られても、無いもんわ無い!」

とキレられ、

ひとりの社長からは、こちらからの仕事参加の可否を尋ねる長文メッセージに対して、一言

「仕事はない」

とだけ返信があった。

 

もう思い切って飯場」デビューするしかないのかも知れない。
飯場」とは、30日契約などで現場の近くに滞在し、毎日働く形態。
あいりん地区には、いくつかその種の貼り紙がある。

懸念としては、

・現場の当たり外れが恐い ← トンデモナイ地獄でも一定期間逃げられない。
・詳しいシステムが分かっていない ← コレは詳細を聞き判断するしかない。
・毎日、働ける体力がない ← ホームレス然とはしてきたけど、肉体労働者のそれには程遠い。

今週まで、日雇いで粘ってみて仕事がなさそうならば、「飯場」行きも視野に入れたい。

でなければ、「生活保護」か。。
そう言う訳にゃいかんし。

f:id:stolenthesun:20210323213549j:plain

宿に戻り、湯を浴み、「スーパー玉出」で買い物をし、

「割り箸、一膳ください!」

と申し出たら、

「内緒よ!ストックしておき!」

と3つもくれた。
おばちゃんの口から発せられた「ストック」と言う語感にまず驚き、そして、ますますホームレス然たる見た目になってきているのだな僕は。。と感じ入った。

f:id:stolenthesun:20210323214124j:plain

f:id:stolenthesun:20210323214135j:plain

ついに宿にウーバーイーツ用のバッグを持ち込んだ。
もう、今週はウーバー三昧でもいい気がする。

もちろん明日も3時に起きますがね。
イカれてる、とは思いながらもね。

f:id:stolenthesun:20210323214326j:plain

 

 

使った金額

交通費:230円
駐輪場代:300円
スポリカ:50円
ワンダ極カフェオレ:150円
本格肉まん:140円
ファミマ・ザ・カレーぱん:140円
かしわから揚げ:294円
バナナカステラ:106円
ガリガリ君リッチほとばしる青春の味レモンヨーグルト味:112円(二個分)
レジ袋:3円
タバコ・アメリカンスピリットメンソール9mm:400円

 

所持金

2,205円